Luscious Rose Poison

薔薇[BL]毒にやられた変tai. の意外と真面目な一面。

「躍らされるは人の性(さが)」というお話【迷いなき冷めた選択注意】

 
お読み下さりありがとうございます。
 
すごいのです。
この、
「基本的に『描くこと』以外何に対しても
私がですよ、久々に興味を持ってしまった
出来事があったのです。
 
今回はそんな人間心理から、改めて
「人ってつくづく『躍らされてしまう』
 生き物よね…」
と思ってしまったお話。
 
 
✎︎___________________
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙某有名ビジネス系Youtuberが
 引き起こした「騒動」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
超個人的なことですが、Youtube
ビジネス系もしくは本の要約系動画を
見漁ることが好きだったりします ☜謎趣味
 
以前から好んで見ていたチャンネルがあるの
ですが、この度、そのチャンネルを運営する
方がリリースした「とあるサービス」が
波紋を呼ぶことに…。
 
そこからはもう大変大変。
明らかに、その方の影響力に乗っかろうと
する方、火に油を注いで楽しむ方、意見を
述べてるフリをして批判しちゃう方……
私が見てしまっていたからというのもあり
ますが、次から次へと出てくる出てくる
「関連動画」!!!
 
「マスコミが流す情報に躍らされる」
長らく忘れていた感覚を、久々に思い出した
ような気がしました。
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙「とあるサービス」へ思うこと
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
そのビジネス系Youtuberさんがやる事に
悪意などがあるとは思えないんですよ。
なぜかって?
 
色々と動画を拝見させて頂きましたが、
「後に控える本来の目的(地位, 名誉, 金銭)
 こういったもののために上手な演技が
 出来るタイプではなさそうだな〜」
と、ごくごく普通の一般人としてそう思うの
です。
 
これが、その方にごく近しい方やその方を
教祖のように崇めている方、あるいは
超絶アンチなら、
「落ち着いた第三者目線」
で分析することは難しいのではないかと
思うのです。
 
なので、提供されるサービスに邪な目的が
あるとはあまり思えない、つまりは
「面白いサービスだし、良いと思います」
という意見です。
 
「受けますか?」と問われれば "No"
ですが…
「いや散々擁護するようなこと言っとき
 ながら "No" かよ!」
というお声が聞こえてきそうですね。笑
 
このサービスって、
「自走出来ないけど変わりたい方向け」
なのですよ。
要は「他力本願」なところがあると考えて
いるのです。
 
ホントに変わりたければ、意地でも自分で
なんとかしようとする…
…それなりに自分の人生を動かしてきた私は
そう思うのです。
 
あと単純に
「サービス受けるお金、好きなことの能力を
 伸ばすために使いたいな〜」
って思っちゃう私がおります。笑
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙躍らされるは「人の性」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
「私の中に、まだそんな感覚があったとは
 なァ」
と少し驚いたのですが、人ってつくづく
「躍らされてしまう生き物」だと思うの
です。
 
なぜかって、人は
「感情を刺激されると反応しちゃう」
ため。
だからこそ、特にエンターテインメント系の
コンテンツなどは立派なビジネスになり得る
のですけれど (私が取り組んでる薔薇[BL]
二次創作も、その大きな括りの中の一部だと
思いますし)。
 
純粋に
「楽しい、面白い、興奮する(☜え)、
 やる気が出る、癒される etc.」
という感情なら良いのですが…
今回の騒動や、マスコミが発信する情報って
「(マイナスの意味で)
 面白い、興奮する、メシウマ etc.」
ですよねと。
 
こういったことが決して「悪」とは言い
ませんけれど、振り回されちゃってる姿は
なんとも滑稽……
こういうときこそ冷静さって必要だなと
感じた出来事でした。
 
「否定されたとき、自分は冷静でいられる
 だろうか…?」
心に留めておこうかと。
 
____________________
 
 
もうこれ以上面白がって見てはならないと
思ったので、幾つかのYoutube関連動画は
「興味が無い」
にして出てこないようにしました。苦笑
 
Youtubeって、独自のアルゴリズム
視聴者が興味のあるコンテンツを分析して
関連動画を出してますよね。
それなら「興味無い」にいくつか関連動画を
登録しておけば、勝手に出なくなるよねと。
 
頑張って動画を作成しておられる方々には
申し訳ないなと思いつつ…苦笑
 
 
今回は以上です。
ここまでお付き合いくださいまして
ありがとうございました。
それではごきげんよう