Luscious Rose Poison

薔薇[BL]絵描きは真面目に生きることをやめた  (宇宙を漂う究極生命体風に)。

「"本物のプライド" の手に入れ方」というお話【最後の雄叫び注意】

 
お読みくださりありがとうございます。
 
やっとなんですよ。
やっと
「誰かと比べるクセ」
というものを克服出来そうだなって。笑
 
…え?
 
「変態に人の目気にしたり誰かと比べる
 とこなんてあったのか?www」
ですって?
 
 
ありまくりですよ。笑
多分、本能的なものでしょうから、
逃れられないのです。
「比較癖」については、またの機会に
別記事で御説明するとして…。
 
今回は、私が「比較癖」をほぼ克服させる
までに取り組んだ方法と、
「本物のプライドとはなんぞや?」
ということについてもお話してみたいと
思います。
 
 
 ✎︎__________________
引用元:Bad Apple Brewing Company
 
 
 「プライド」とは?
 
  プラスの意
   ☞自尊心、誇り
 
  マイナスの意
   ☞自惚れ、高慢、思い上がり
 
 
 (小声)……なんか、あまり良い意味に
   思えないような…(º言º;;;)笑
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙「本物のプライド」は他者に
 容易く傷つけられるものではない
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
♪♪知らないわ 周りーのことなど
 私はわーたし そ・れ・だーけっ
 
 ♪Bad Apple!!
 
…ってね。
そう思えたら苦労はないんですよね。笑
いきなり歌いだしてすみません_(┐「ε:)_
 
 
「プライドを傷つけられた」
という表現、自分自身も体験したことが
あります。
…自分の存在を否定されてるような…
…そういう感覚…。
 
しかし、自分以外の誰かに傷つけられる
ようなプライドは「本物」とは言えないの
ですよね。
 
自分が持っているプライドが本物ならば、
他者の攻撃に揺らぐことなど無くなるの
ですよ。
だから何
 勝手に言ってなさい
って、本気で言えるようになるのです。
 
 
以下で詳しく、
「本物のプライドの手に入れ方」
について書いて参ります。
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙「これぞ自分の代名詞だ」
 そう言えるものを手に入れ磨き込む
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
人によって、
「これが自分の『武器』だ」
というものは異なります。
その上、見つけるのが難しいのですよ…。
 
幸運にも「武器」を見つけられたなら、
あとは黙々と磨き込むだけです。
「どの程度まで磨き込むのか?」
と問われますと、こうして文章に起こして
熱く書けるくらいです。笑
 
もしくは、
「これを語らせたら右に出る者は
 いないぜ!」
と言えるほどのレベルです。笑
 
ちょっと大げさに言っているとは思います
けれど、
「自分の武器や代名詞」
にしようと思うのなら、それくらいの
努力や研究は当たり前ということなので
ございます。
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙「誰も文句は言えまい
 そう言えるほどに徹底して仕上げる
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
実際のところ、上記のような状態にする
ことは不可能に近いのです。
 
「は?
 言ってることめちゃくちゃじゃねぇか」
そう思われたことでしょう。笑
 
まァ…そう早まらずに…
落ち着いてお聞きくださいよ。笑
 
まず、仕事や勉学に「完璧」は存在しない
のです。
「完璧な人はいない」
ってよく言いますし、人間性でも「完璧」
など存在しないのですよね。
 
「ここまでやったんだから、
 誰も文句は言えまい!」
と思ってても、どこかで粗が見つかったり
他者でなければ見えない欠陥があったり
するわけで、やはり「完璧」にはなれない
のです。
 
ならば、どこから「本物のプライド」
近づけていくのか…それは、
「取り組むプロセスで、
 自分にしか分からない
 確かな『成長』を感じること」
とでも言いましょうか。
 
他の誰かにとやかく言われても、
自分だけは確かな「成果」を掴んでいる…
その事実があれば、不思議と自信がついて
くるのです。
 
この領域にまで来れれば、他者からの
攻撃や上辺の賞賛などに踊らされない、
「本物のプライド」
が手に入ることと、私はこうして文章に
起こしながら、考えております。
 
___________________
 
 
…なーんか、真面目でつまんない文章に
なっちゃったので、ちょっと失敬。
 
 
引用元:bokete
 
 
 
 
♪♪あ〜ファぁ〜〜っ
 ヒャあ〜フゥわあ〜はーーーっ
 んん〜ホォあ〜〜へぇイイ〜〜
 ヘアハぁ〜あ〜イアぁ〜ーーっ!!
 
 
 
 
 
……
 
………以上です。
 
 
 
 
 
ここまでお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。笑
それではごきげんようッ❁⃘