Luscious Rose Poison

薔薇[BL]絵描きは真面目に生きることをやめた  (宇宙を漂う究極生命体風に)。

"江戸川乱歩傑作選 (江戸川乱歩 著)" 読了

 
お読みくださりありがとうございます。
 
久々の読書感想文ですよ。笑
 
色々と読んではおりますが、読書感想文を
書くとなるとね〜そもそもお仕事と創作で
忙しいし読んだ本全てに感想文書いてたら
大変だよ何冊読んでるかいよいよ分から
ないし手元に無い本もあるからそうなれば
書けないよね仕方ないって話になるじゃあ
ねぇかこりゃ参ったよいや待てそもそも
「読書感想文」って小学生かいいオトナの
クセしていい加減n☜お前がいい加減にしろそして※文字壁やめて差し上げろ読み手を疲れさせるな👊(°ㅂ°ꐦ)
 
 ※改行するという気遣いが出来ない
 文章のことを「文字壁」と呼ぶのだ
 そうです。
 
 
 なるべくネタバレにならないよう
  気をつけて書いておりますが、
  気になる方はお読みになることを
  控えて頂いた方がよいかもしれ
  ません。
  出口 ご用意しておきますね☆
 
 ✎︎__________________

f:id:niji_j0j0:20200920183223j:plain

黒地に赤文字というのがまた…
良い意味で禍々しさを表しているようで
私はたまらなく惹き付けられます…。
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙江戸川乱歩 初期作より
 代表的な作品を集めた短編集
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
この文字列だけで、どことなく怪しげかつ
危険なカオリを感じるのは私だけでしょう
か…?
 
この本を読むまで、江戸川乱歩氏の作品を
読んだことはありませんでした
(お恥ずかしい…><)
 
ですが、 
推理小説をベースとして、人間の狂気を
 芸術的に書いている方だ」
というイメージを持っていたのです。
このイメージ、見事にハマっていた…ッ!
 
読んでもないのにイメージがはっきり
してたってスゴくないですか?笑
我ながら想像力がスゴくて自分に恐れ戦き
そうです☜お前の話はいいから本の話をしろ👊
 
 
…失礼しました_(:3ゝ∠)_ 笑
 
今作は、江戸川乱歩氏が初めて書かれた
作品である「二銭銅貨」を含む9作品が
収録された本でした。
 
以下、作品への印象などを詳しくお話して
参ります。
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙初期作「二銭銅貨」で
 この作り込みでございますか!?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
「いやはや…『天才』とはこのような
 方のことをいう」
私のような、まだ青さの残るお子様などが
言うには、はばかられるとは思いますが…
上記の感想を抱きましたよ「二銭銅貨」。
 
正直パッと読んだだけでは分かりにくい
感じがしました
(私のアタマがアホなだけですはい 笑)。
 
しかし、じっくりと読むと…
「はじめからこんな感じだったなんて…
 アタマ使いながら読ませる感じが
 素晴らしい…ッ!!」
という印象を受けました。
 
まさしく私がジョジョに対して抱いている
感情と同じです。
はァ…素晴らしや思考の迷宮……☜え?
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙"赤い部屋" 以降で
 狂気が加速する…!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
4話目の「心理試験」までは、まだ人の
「狂気」の部分はそこまで書かれていない
印象だったのです。
 
推理小説ですから、殺人が発生することは
当然といえば当然です。
しかし、動機がまだ分かりやすかったの
です。
「お金が欲しかった」や「痴情のもつれ」
など、まだ有り得そうな…。
 
しかし「赤い部屋」以降で一気に雰囲気が
変わった感覚があったんですよ。
「人の欲求が、探究心が、あらぬところへ
 行きつけば…こんな結末へ向かうことも
 あるのだろうか…」
と薄ら寒さを感じました
(もちろん賞賛しております)。
 
人が1人も死なないのに、ゾッとしたり
する展開…
面白くないわけがありませんよこりゃ!
「赤い部屋」以降、個人的に面白過ぎて
ほぼ一気に読んでしまいました꜀(.௰. ꜆)꜄
 
____________________
 
こういう
「この先どーなるの!?
 先が気になる…!」
「ああ〜!こういう予想してたのに
 外れたァ!(ミスリード)」
って思っちゃうようなお話、私も書いて
みたいなと思いました。笑
 
 
ここまでお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。
それではごきげんようッ❁⃘