Luscious Rose Poison

薔薇[BL]絵描きは真面目に生きることをやめた  (宇宙を漂う究極生命体風に)。

「どうして『彼ら』が可愛くて仕方ないのか説明してみるよ(笑)」というお話【護チ愛炸裂注意】

 
お読みくださりありがとうございます。
 
前回に引き続き、私の調子に乗った
ブログ改造裏話をつらつらと書いて参ろう
かと考えておりました…
 
しかーしッ!!!
 
急ゥーーにッ!
「彼ら」の話がしたくなってしまいました!
 
「彼ら」とは?
それは以下をご覧くださいッ!
 
 
 今回は、私の護チ愛が炸裂してしまう
  内容となっております。
  そして、全て私の妄想です。
  非常に危険な雰囲気が漂っております…
  まるでパープルヘイズさんから
  溢れ出している瘴気のようです…笑
 
  避難経路 のご案内ですッ!
  まずは ご自身の身の安全 を最優先して
  下さいませッ!!(((((((;゚Д゚)))))))
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
🌙二度と「元の世界」に戻れない…
 知りながらも踏み入れざるを得なかった
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

f:id:niji_j0j0:20200902095628j:plain

 

"彼ら" は私と被る部分が多いのです。
ここまでの「没入感」は、他のどの作品を
見ても、どのジョジョシリーズを見ても、
感じたことのない感覚です。
 
特に…
ジョルノくんとブチャの子どもの頃は…
そしてフーゴくんの転落は……
 
…振り向いたその瞳に…
…小さなため息…☜え?
 
以下、私の勝手な妄想セリフと合わせて、
私がそれぞれのどこに没入感的な「深み」を
感じるのか…
解説して参ります…(≖ᴗ≖ )笑
 
🤐 ✎︎_________________
 
 ブ:決して…
   誇れる生き方ではないと思う…
   だからこそ、せめて人としては
   全うでいたいと思う
   そうでなければ…
   許されない…償いきれない…
 
どんな人にも優しく、それでいて底知れぬ
芯の強さを感じさせるブチャラティさん。
 
しかし…
ブチャの溢れんばかりの優しさの裏に、
こういった心境があるのだとするならば…
自ら望んで今の道を進んだわけではない…
けれど…今さらどうこう言っても……
 
…胸が締め付けられるようで…
…私が…重なr…yう……d………
 
 
 
🔫  ✎︎________________
 
 ミ:なっちまったもんはしょうがねぇ
   …なぁに!
   死ぬわけじゃあねぇんだ
   楽にいこうぜ楽にッ!
   …でもよ
   たまに考えちまうよな…
   こうなったオレに…
   幸せを願う権利はあるのか…?
   なんてことをよ…
 
「現状を真っ向から受け入れる強さ」
「底なしの明るさ」
これらを感じさせるミスタは、見事に
チームのムードメーカー的なポジションを
全うしてくれてますよね。
 
彼がいてくれるだけで、ブチャとは違った
安心感があるような感じがします。
 
ですが完璧な人はいません。
彼の心に「影」が無いと言いきれます
でしょうか…?
 
 
 
🍓 ✎︎________________
 
 フ:「自身を取り巻く全ては
    自らが招いた結果だ」
   よく聞く言葉です
   しかし…
   僕は…情けないとは思うが
   「ちょっと待ってほしい」
   そんなことを考えてしまう…
   あのとき、あの場面で
   他にどういう方法があったと
   いうのだろうか…?
 
チーム最高の知性を誇るフーゴくん。
彼はいわゆるお坊ちゃんで、かつエリート
でした。
 
そんな彼は「とある事件」を起こして、
今の道を歩むわけですが…
周囲からの「期待」や「重圧」により、
蝕まれた心は…
「とある事件」以外の方法でいかにして
鎮めることが出来たでしょうか…?
 
私…は……。
 
 
 
💄 ✎︎________________
 
 ア:「他者に、世界に、絶望した」
   俺の場合はその表現が合う
   絶望させられた世界へ
   俺の正義を捧げる価値はあるか?
   全うに生きるのがバカらしく
   なっていた…
   それが…あんなことを…な……
 
「警察官を志した理由は、
 純粋な正義感からであった」
そう語られています。
 
しかし、悲しくも…澄んだ正義は、
心無い人々によって、
出会うべきでなかった存在によって…
虚しくもねじ曲げられてしまいます。
 
こんなの…
「真面目に生きるのが馬鹿らしくなる」
当然のことですよ…
にも関わらず…現実は厳し過ぎます…。
私もどれだけねじ曲げられたことでしょう
か…。
 
 
 
✈️ ✎︎________________
 
 ナ:…分かんなかったんだよなァ…
   この生き方に飛び込むことがさァ
   どーゆーことなのかってことが…
   ただ憧れて…追い掛けて…
   ほんとに、それだけだった…
   こんなことになるなんてさァ…
   知ってたら………
 
一際「少年」の部分を強く持った
アホ毛ちゃん
(私は彼のことをそう呼んでます)。
 
無邪気で抜けてる感じが可愛い…
かと思いきや、少年ゆえのいい意味での
「無知より起因するまっすぐさ」
これが彼の強さになっていたりするように
思うのです。
 
でも…「知らなかった」では済まされ
なかったりするのが世の常…
私も…もっと早くに気づけていれば……。
 
 
 
🐞 ✎︎________________
 
 ジョ:「下克上」という言葉が
    ありますよね
    「社会から弾き出された者共」
    …僕らは確かにその言葉通りの
    存在でしょう
    ですが、だからこそ面白い
    挑む価値があると僕は思います
    
「ならず者になるはずだった存在」
ジョルノくんの子ども時代の回想で、
そのようなことが語られます。
 
しかし、だからこそ余計に、
「その予想図に従ってはならない…
 僕の未来を、
 "ならず者としてのあるべき姿"
 などにさせてはなるものか…ッ!」
そう…一際強い「反逆心」を、
冷静な心の中に燃やしているのではない
かと…そんなことを考えてしまいます。
 
「ならず者の怒号」を…
ならず者にならざるを得なかった私も……。
 
 
____________________
 
以上は、あくまでも私の解釈であり、
妄想です。
それぞれにそれぞれの「傷」を感じる…
それでいて、なんとかして
現実に抗おうとする姿勢がまた…
私の「没入感」を加速させるのです…。
 
 
様々な解釈があることは当然です。
考えは違って然るべきですもの。
 
 
ここまでお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。
それではごきげんようッ❁⃘