戯言備忘録

とある薔薇[BL]描きの思考置き場

啓発本には「読み方」があるというお話【人の終わり注意】

 
お読みくださりありがとうございます。
 
突然ですが、今この文章をお読みの
あなた様は「啓発本」というジャンルの
本を読まれることはございますでしょうか?
 
私は元が終わってる人間なので
「これはよくない!」
と一念発起し、人間性を啓発本で勉強しま
した。
 
 
しかし、お勉強していく内に
「これは、
 使い方を間違えたらよくないな〜」
と思うポイントもありました。
 
今回は、僭越ながら「啓発本の正しい
読み方」なるものを、私がご指導したいと
思います。笑
 
 
---------------------------
引用元:luckymarch.com
 
 
🌙「啓発本」とは、生き方の指針となる
 ことが書かれた本
 
そもそも「啓発本とはなんぞや」という
お話からさせて頂こうかと。
 
お仕事、人間関係、お金のこと、恋愛のこと、
将来の目標、心のコントロール……
人間が生きるにおいて、様々な「向き合う
べき問題」というものが出てきますよね。
問題に直面したとき、自分で考えても、
誰かに相談しても、有効な答えが出てこない
こともあるかと思われます。
 
そんなときに役に立つかもしれないのが
「啓発本」です。
 
 
🌙著者がどのような人なのかによって、
 内容などが大きく異なる
 
色々な著者の方がおられます。
ご自身の多様な経験からアドバイスをする
スタイルの方。
「俺はこういう生き方をしてきた。
 だからこの通りにやるのがいいぜ」
と、ご自身の手法をストレートに書いて
おられる方。
 
著者になられるまでの人生は実に様々。
著者の方に色々な性格の方がおられる
ように読み手にも色々な性格の方がいる…
なので、相性というものがどうしても
関係してくるように思います。
 
 
🌙あくまで「参考程度」で
 鵜呑みはオススメ出来ない
 
「啓発本なんて読んでるやつはやばい」
「宗教っぽい胡散臭さを感じるんだよね」
そのようなことを聞かれたことがあるかも
しれませんね。
 
啓発本でお勉強している私も、正直そう
いった懸念はあります。
なぜなら
「誰かの思想を元に自身の行動を変えて
 いく」
…って、どことなく
「神のみこころのままに」
というような「依存心」とも取れる考えが
見え隠れしてますよね…。
 
だからこそ、決して鵜呑みにしてはならない
と、私は念を押しておきたいのです。
「あくまで参考までに」
という距離感と、
「自分なら、この本に書かれていることを
 どのように取り入れるか?」
という、自主的な活かし方を考える必要が
あると私は思います。
 
---------------------------
 
 
…と、ここまでけっこう真剣に
「啓発本の有効性と危険性」について書いて
参りました。
 
そんな私は千田琢哉氏の本が好きで、
結構影響受けちゃってるんですけどね。笑
お陰で男性脳まっしぐらです。笑笑
 
 
ここまでお付き合い下さいまして、
ありがとうございました。
 
それではごきげんようッ^^*